• エアブラシでMake Happyを実現します。

  • ロゴマーク
コンプレッサー

コンプレッサー 外気を取り込み、圧縮空気を作りだす繊細な描画力を支える“エアブラシの機関部”

液体と圧縮空気を混ぜ合わせて霧状にし、対象物に吹き付けるエアブラシ。
この圧縮空気を作りだしているのが「コンプレッサー(圧縮機)」です。

コンプレッサーを購入する

コンプレッサーの写真
タイプの違いで圧縮空気の量と力がことなる。安定した供給量を誇るピストン式、小型化が可能なダイヤフラム式、駆動音が静かなリニア式など、用途に合わせて選択可能
エアタンク(サージタンク)で圧縮空気を蓄積。安定した圧縮空気の送り出すことで噴出塗料のムラをなくす

point1 point2

基本構造

大気中から取り込んだ空気を内部メカニズムで高圧縮し、圧縮空気としてエアブラシへ送り出す「コンプレッサー」。基本的にはピストン運動で空気を圧縮しますが、そのメカニズムは3種類に分かれ、それぞれ特徴があります。また圧縮空気を定圧で貯めることができる「エアタンク(サージタンク)」を搭載すれば、ピストン運動による脈動(ムラ)をなくし、安定した圧縮空気の供給が可能です。

コンプレッサーの特徴

「コンプレッサー」には3つのタイプがあります。圧縮空気の作り方がそれぞれ異なり、特徴があるので、エアブラシの用途に合わせてタイプを選びます。

ピストン式 安定した大容量のエアを供給できるが、機体が大きく、価格も高め。仕事で使用する人に最適
ダイヤフラム式 エアの供給量は少なめだが、小型で低価格。自宅で、あるいは持ち運び用として、使用する人に最適
リニア式 駆動音が静か。夜間など音を気にする環境での使用に最適

一般的なコンプレッサーは、圧倒的にピストン式やリニア式。ただし、個人が趣味などで使用するならばダイヤフラム式を選び、収納や持ち運びの利便性を優先するのもオススメです。

Management

  • エアテックス オンラインショップ
  • エアーフェアリー
  • エアジェル
  • 一般社団法人日本エアブラシ協会

Follow me

  • 公式ツイッター
  • 公式フェイスブック
  • 公式インスタグラム