• エアブラシでMake Happyを実現します。

  • ロゴマーク
企業情報

経営理念

長期的な会社の方向性を決め、「わが社はどのように社会に貢献するのか」「わが社の社会的存在価値は何か」「企業経営の目的は何か」「大切にしているものは何か」どんな会社にしていきたいのか・取引先に対する基本姿勢・地域社会に対する基本姿勢・社員に対する考え方を、わが社の理念として、3つの長期的な未来に属する永続的発展的なフィロソフィーとしました。

- 存在理念 -
私たちは、エアテックス製品を通して、『夢・感動・創造の喜びの輪』を世界中に広げます。
- 経営理念 -
私たちは、『楽しい』『面白い』『人に優しい』商品・サービスを提供します。
私たちは、成長し発展することで社会に貢献し、全従業員と家族の幸せを実現します。
- 行動理念 -
私たちは、エアテックスと関わりのあるすべての人に対して、感謝の気持ちを持ち、謙虚に接します。
私たちは、お客様に喜ばれ続けるために、限りない情熱とたゆまぬ努力で仕事に取り組みます。

事業目的と意義

経営理念のもと、事業活動を通じて1人ひとりが共に成長しながら生きがいと幸福を実現し、事業の永続的発展を目指します。

経営の原点は『原理原則』にあるとし、人として何が正しいかを見据えた経営を実践しつつ、熱意と誠意でお客様と社会の役に立ち、必要とされる企業経営を目指します。その実現のため、エアテックスは“学び”と“発見”を繰り返し、研さんしていきます。

私たちは、仕事を人生の道場とし、仕事を通して“人生を学ぶ”“愛を学ぶ”“思いやりを学ぶ”ことを続けます。

“働きがい”“やりがい”“喜びあい”“誇りある人間尊重”を企業経営の精神とし、社員全員参加による経営を目指し、全社員が理念を共有しながらそれぞれの部署と果たすべき責任を明確にし、個々の能力をもって自分で考え行動する、自発的・自律的社員の育成を行います。

環境への取り組み

- 方針・展開 -
エアテックスは、経済活動と環境活動を一体化することに注力しています。“作る”“使う”“生かす”の製品ライフサイクル全体を考え、お客様やスタッフとともに、環境負荷低減への取り組みを拡大し、環境の保護と活性化を追求します。
- 活動・対策 -
新製品や梱包材にプラスチックを使用する商品などは、その厚みをより薄くするなど、省資源に取り組んでいます。また、環境負荷低減を考えた商品開発を行っています。
エアテックスは『チャレンジ25』に参加しています。
Challenge25

会社案内

社名 株式会社エアテックス
代表者 代表取締役 竹内慎二
設立 2000年2月21日
資本金 1,000万円
オフィス
本社/大阪
〒550-0022 大阪市西区本田3-4-24
アクセス:地下鉄中央線 九条駅(徒歩約5分)/ 阪神線 九条駅(徒歩約8分)
TEL:06-6543-2500 FAX:06-6543-2566
エアテックス東京
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-30-6モリカワビル3F
アクセス:山の手線五反田駅 徒歩2分
主な事業内容 エアブラシの製造・販売
エアブラシ関連商品の製造・販売
エアブラシ関連のサービス提供
エアブラシ関連のスクール運営とインストラクター育成

沿革

2000年2月 ドイツH&S社総代理店として設立(資本金700万円)
2001年 台湾より輸入取引とコンプレッサー開発開始
2003年7月 株式会社へ組織変更(資本金1,000万円へ増資)
2004年 自社ホームページがアスキームックの「ベスト150社」に選出
2005年3月 新社屋へ移転、韓国との取引開始
2006年1月 エアテックスTAIWANを設立
2007年 中国との取引開始
2008年 エアテックス台湾、合併会社設立(資本金1,000万円)
2009年7月 エアーフェアリー事業部設立、エアーフェアリー大阪開設
2010年4月 エアーフェアリー東京開設
2013年8月 エアーフェアリー福岡開設
2014年11月 物流センター設立
2014年11月 エアジェル事業スタート
2015年2月 エアテックス創業15周年目を迎える
2017年2月 エアテックス東京オフィス移転
2017年4月 エアテックス大阪本社移転

Management

  • エアテックス オンラインショップ
  • エアーフェアリー
  • エアジェル
  • 一般社団法人日本エアブラシ協会

Follow me

  • 公式ツイッター
  • 公式フェイスブック
  • 公式インスタグラム